こどもの気持ち

ゴールデンウィークはどのように過ごされましたでしょうか

長い方は明日までという方もいらしゃるかもしれませんね

私も5月3日に

中央通りの花フェスタで

ボランティアをさせていただきました。

沢山のこどもたちとふれあい

沢山の元気をもらいました。

そして

沢山の親子の様子も見ることができました。

私が子育てをしていたときは

こんな風に

あれをやっちゃいけない

これをやりなさいと

沢山指示をしながら

育ててしまったのではと

はっとさせられるような子育てをしている方

ゆっくりじっくり

子どものすることを見守りながら

子育てをされている様子などを

見ることができ

大変勉強になりました。

こんな時はこどもはどんな気持ちになるんだろう

という視点で観察をしていると

必ずどこかで自分の気持ちのサインを出している

ことに気づきます。

自分が子育てをしているときにはまったく気づかなかった

ことなのですが・・・

どうしても子育て真っ最中の時には

気持ち的に余裕がなく

自分の思いで進めてしまうことがありますが

周りのおじいちゃんやおばあちゃんなどの

力を借りながらの子育てって大切だとあらためて感じました。

しかし

力を借りれないこともあります。

私もそうでした。

そんな時には一時保育を使ったり

ファミリーサポートセンターを使うなど

少しこどもと離れる時間をつくれるといいですね。

そして

見てくれた人から子どもの様子を聞くことも大事です。

そのあとは

ぎゅっとだきしめてあげ るのも素敵ですね。

いろいろな不安なことが

子育てにはありますが

上手に相談できたり解決ができる方法が

見つけられたらいいのになーと

思いますよね。

そんな時には子ども広場や子育て支援センターなどに

ちょっとだけ勇気をだしていってみると

なにかヒントになるものがあるかもしれません。