総務委員会視察「豊橋市シティプロモーション」

5月もあっという間にゴールデンウィークが過ぎ
もう半ばになってしまいました。
畑仕事もようやく開始し、
また野生鳥獣との闘いの日々が始まりました。


さて
本日は久しぶりの視察に出ています。
視察に出たときにしか書いていないブログですいません
今日の視察先は
愛知県豊橋市
第一印象は
商店街がシャッターが閉まっているお店が多いこと
市の方に伺うと
水曜日が定休日のお店が多いこともあるが
やはり商店街は衰退してきているとのこと
でも
「夜になると元気な商店街です。」と
また、
街中にマンションが多く建ち始めており
食、住は良いが
衣の部分がどうしても名古屋などに行ってしまうとのこと
本日は豊橋泊まりなので
その辺も視察してきたいと思います。


シティプロモーションについては
もう担当者の熱意に尽きるという印象でした。
どんなことでも
少しでもつながれる可能性があれば
交渉に行ってみる
常にアンテナを高く張って
様々なところとつながりを持って
豊橋の魅力を外に発信するとともに
市民に対しても
積極的に意識を促し
全てにおいて
「ええじゃないか」にしているところが素晴らしいと感じた
メインコンテンツを
手筒花火
のんほいパーク
路面電車
とよはし食文化
と定め
積極的にプロモーションをしている
また、
重点プロジェクトとして
ええじゃないかライフ実感プロジェクト
インバウンド倍増プロジェクト
オリンピックde世界発信プロジェクト
みらいスマイル満開プロジェクト
を進めており
シティープロモーションのキーワードとして
スピーディー(旬のうちに取り組む)
チャレンジ(今までにないものにも積極的に取り組む)
情熱
遊びごころ
と考えていると担当課長
私も
長野市をこよなく愛し
長野市の良さを知ってもらうこと
=いつまでも住み続けたいまちづくり
につながっていくと感じている
だれかやってではなく
自分から出来ること
をまず始めてみようと感じた。