議会運営委員会視察2

本日はとっても良いお天気

犬山市の朝は寒いなーと思いましたが

掛川市は

新幹線から降りた瞬間

暖かい!

平成8年に建てられたという

とってもモダンな

オープンスペースの多い

掛川市役所に

今日の視察は

「議会活性化の取り組みについて」

(政策形成に向けた議員間討議、議会報告会、中学生議会)

本日も鈴木議長さんにご挨拶にお越しいただき

窪野副議会運営委員長さんに視察に同席していただきました。

掛川市は人口が11万8千人で浜松市と静岡市の間に位置していて

製造品出荷額が1兆円というまち

市民力が素晴らしく

新幹線掛川駅誘致のために市民募金が30億円集まったり

掛川城の木造本格天守閣復元のための総事業費11億円は

市民の募金で作られたとのこと

平成25年に掛川市議会基本条例を作り

次の年度に議会報告会を開始し、

そこで集まった市民からの意見を

全議員での政策討論会の中でもみ、

市長に対して政策提言という形で

出している。

平成28年からかけがわ子ども議会を開催し、

平成29年からは

かけがわ中学生議会として開催している。

また、さまざまに

議会提案の条例もいくつか作られていた。

何年か開催することで

課題であったり、

今後の進め方であったりと

ある意味私たちにとって

大変役に立つお話を頂くことができました。

議会が頑張るには

議会事務局の強化も欠かせません。

その辺も含めて

この視察で得たことをしっかりと

生かしていかなければなりません。

貴重なお話をいただきありがとうございました。