さすけなぶる

日一日と暖かくなってきたなあ

と感じる今日この頃でしたが

突然の雪

スノータイヤを履き替えた方は

大丈夫でしたでしょうか?

そして

飯綱高原スキー場が

今年の営業を終了しました。

来年度以降については

様々な状況を見て

判断がされていくとの事

長野市街から30分程度で行ける一番近いスキー場

これからの動きを

注視していただければと思います。

さて、

3月11日は東日本大震災発災の日

この日の合わせるように

毎日報道では

東日本大震災関連の記事が載せられています

「ながの災害・防災ネットワークみらい」

東日本大震災発災後

長野市災害ボランティア委員会で

ともに活動をしてきた仲間が

防災も含め様々な団体と連携しながら

活動をしていきたいという事で結成されたグループが

先日

福島大学「うつくしまふくしま未来支援センター」特任教授の

天野和彦氏をお迎えし、

「命の灯火を消さない避難所と住民主体の災害にも強い地域づくり」

〜子ども、高齢者を守る避難所とは〜

というテーマで

講演会&ワークショップを開催しました

当日は民生児童委員さんや

地区の役員さんなど

約100名もの方々が参加され

関心の高さがうかがわれました

多くの犠牲者が出た大震災

それは

一つ一つの悲しみが集まったもの

「公民館」

戦後復興の拠点としてできたもの

人を作っていかなければならない

そういう意味で

「公民館」「地域」「防災」

みんな繋がっている

だからこそ地域の自治が大事

避難所運営に平常時自治がうまくいっているところと

そうではないところの違いが出た。

災害を人権の視点で捉え直す

見方を変える

立場が変わる

ことにより見え方が変わってくる

福島県を襲った

地震・津波

原子力災害

先の見えない不安

被災者の心が弱ってきたことによる震災関連死の増加

今の課題は

心が丈夫になること

心の復興・人間復興

社会教育が必要

地域の中でどうやって2本足で立っていくか

避難所の使命とは

「命を守ること」

交流と自治の視点が大事

など

様々な事例を通して学ばせていただきました。

「住民に寄り添う視点」

から災害時の大規模避難所運営について

午後から

大規模避難所運営シュミレーション

「さすけなぶる」演習を行いました。

「避難者の数だけない物資をどのように分ける?」

とか

「動けない高齢者がいるので避難所に避難できない方が

避難所に食料をもらいにきたらどうする?」

など

チームで知恵を出し合いながら

話し合いをしていきました

「命を守る視点」

「人権の視点」

何を大事に

何を判断基準としたら良いのかを

確認しながら作業を続けました。

話を聞くだけでなく、

聞いた事を受けてワークショップをする事で

自分ごととして考える機会をいただきました。

本当に大事な視点を改めて教えていただいた

有意義な講演会&ワークショップでした。