一人ひとりがみんな大切

今日は爽やかな風が吹いていましたね

梅雨の合間の久しぶりの晴れ

また明日から天気が崩れるとか

大雨にならない事を願っています。

くすのき しげのりさん をご存じですか?

絵本作家さんで

最近気になっていた

「おこだでませんように」

の作者さんです。

私たちは

相手の心の動きや考えについて

わかっているつもりで

実はわかっていないことがよくあります。

ましてや子どもの気持ちはなおさらです。

だからこそ

わかっていないということを自覚する必要があります。

そして

「想像する力」「共感する力」

が大事

思いや考えを伝えたり、

相手の心を察する、慮る、推し量る、思いやるには

想像する力と共感する力がなければできない。


いま

子どもを取り巻く環境は厳しい

だから環境を作ることは大切であり

自分たち大人も子どもたちにとって

大切な環境であることを自覚してほしい

子どもにとってモデルになる人が近くにいることが大切

今日という1日を大切に生きる

一人ひとりが輝きながら

生きることの大切さを教えていただきました

「ぼくはなきました」

「ふくびき」

「あなたの一日が世界を変える」

など

素敵な本を読み聞かせてくださいました

自分も子どもたちにとって大切な環境であることを

しっかり自覚して

より良い生き方をして行かなければと思いました

くすのきさんのお話は

本当に心に染みる素晴らしいお話でした

また是非ともお話をお伺いしたい方です!