豪雨災害

雨がよく降り続きました

台風19号で被害に遭われた皆様からは不安だという声が寄せられました。

九州を中心に

多くの地域で被害が出ています。

被害に合われた皆様にお見舞いを申し上げるとともに

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。

増水してきたなあと思ったらすぐに水が流れ込んできた

ということで

逃げる時間がなかった事が被害が大きくなった原因と言っている方がいました

避難準備情報が出ても

なかなか自分ごとと思えず逃げ遅れてしまう

間違ってもいいから避難訓練のつもりでと

長野で水害の経験をした施設の方が今回早い段階での避難をされていましたが

本当に大事な事だと思いました。

今回の豪雨は

大風19号に比べて

浅川の上流でも雨が降っていたようで

ダムの水嵩も増していました

そして

近くの普段あまり整備されていない川も

氾濫するのではとヒヤヒヤしました

豪雨の後の土砂災害も起きました

畑の畔から道路にかけて亀裂が入り

通行止めとなっています

復旧にはかなりの時間を要すると言われています

また、

土砂崩落も何箇所かありました

道路課等や業者の皆さんには

早い対応をしていただき

感謝いたします。

これ以上災害が起きないことを願うばかりです。

隣の畑の方から

きれいなダリアをいただきました

まだまだ

助け合いながら生活していく習慣が残る地域です

大切な習慣を大事にしながら

いざとうい時に

助け合える関係づくりを

長野市全体でも積極的に作っていくお手伝いをして行こうと思います。