思いを繋ぐ

水曜日の朝は暖かいなあと思ったら

またまた寒い朝になりました。

今日は雪が一日中チラチラと舞う寒い日

早く春が来ないかなあと思う今日この頃です

今日

「災害時の連携を考える長野フォーラム」

が開催されました。

今日は幹事団体のリレートークがあり

あの時はこんなだったなー

もっとこんな事もできたのになー

などといろいろな思いで聞いていました。

やっぱり

「平時からの顔の見える繋がりの大切さ」

を改めて感じたところです。

そして

時間が経つとともに支援のし方も変わってきますし

変わらなくてはいけないとも思っています。

私が関わっている子ども支援団体も

少しずつ支援が変化をしています。

これからも

今本当に必要なことなのか

どう支援することが最善なのか

当事者のはなしをキチンと聴きながら

しっかりと考えながら活動をしていこうと思います。

先日

間接的に被災した子どもたちの支援をしている

鮭Tプロジェクトで

支援先の学校に伺わせていただきました。

こちらも

直接支援ができないけど支援したいと言う方々の気持ちを

これからもしっかりと繋いでいかなくてはなりません。

まだまだ長ーい活動が求められています

コロナ禍ではありますが

しっかりと感染対策をしながらやっていきたいと思います。